工数管理&勤怠管理のシステムを、サーバーもデーターベースもクラウドも使わずに実現したソフトウェアです。現場改善、工程管理、生産管理などに最適です。

FrontPage

出勤簿ソフトと高度な工数管理システムを同時に導入

 質の高い工数管理システムと勤怠管理システムが同時に導入できます。

工数管理&勤怠管理ソフト チーム・ポテンシャル

チーム・ポテンシャルとは?

 勤務の時刻や作業内容を入力するだけで、工数を管理したり、報告書が印刷

 できるソフトです。

出勤簿と作業報告書の作成

 日々の勤務時間や作業内容を記録すると、労働時間や取得した休暇日数のデータ集計、

 実績工数の集計が行われます。

 これらのデータは、出勤簿・作業報告書として印刷できます。

管理ソフトとして

 また、他のユーザーのファイルを読み込んで、勤怠状況をチェック&集計したり、

 現場のリアルなプロジェクトの実績状況を把握することができます。


エクセルのような画面にデータを入力

工数管理&勤怠管理ソフト チーム・ポテンシャル
 メイン画面は、エクセルなどの表計算ソフトを意識して作られています。

 
 月単位のカレンダ形式になっており、ユーザーさんは勤務時間や作業内容を

 登録してゆきます。


入力のポイント

  • 勤怠に関わる情報
    • 出社・退社時刻を入力すると、実働時間や時間外労働などを自動で計算します。
    • 勤務時間の基本データを登録して1ヶ月分が自動で入力できます。
    • 1ヶ月分を自動で入力した後、修正が必要な個所だけ編集することができます。
    • 当月の勤務日数や休暇日数は、自動で画面の右側に表示されるので、勤怠の状況を一目で把握できます。
    • 1年分の勤務データを1画面で見る、年間勤務記録という画面も用意されています。
  • 工数に関わる情報
    • 実績工数に対して、プロジェクト名、工程、作業内容が入力できます。1日にいくつでも入力できます。
    • ドラッグ&ドロップで前日や数日前の内容をまるごと転記できます。
    • さらに古いデータは、履歴の一覧から複製することができます。

誰でも簡単、ワンタッチ印刷

 入力したデータは、日報・週報・月報として、ワンタッチで印刷することができます。

 休暇などがあった日は、届出書を印刷することもできます。

出勤簿の印刷

いつも見ているメイン画面から、印刷したいときにワンタッチ


管理者としての利用

 当ソフトウェアでは、複数ユーザーのファイルを開くことができます。

 ファイル一覧に、他のユーザーさんからもらったファイルを取り込むことで、

 そのユーザーさんの勤務内容や作業内容を確認することができます。

 
 さらに、画面左下の「工数集計」ボタンをクリックすると、取り込んだすべての

 ユーザーさんの工数データが集計され、プロジェクトごとの実績や消化率、

 残りの工数や納期までの日数が確認できます。

タイムカード集計

いつもの画面の左下をクリックするだけで、工数・労働時間の集計が起動

 
 「タイムカード集計」ボタンからは、すべてのユーザーの勤怠の情報の集計結果が、

 「時間外集計」ボタンからは、すべてのユーザーの時間外労働の集計結果を、

 一覧形式で見ることができます。

承認機能が必要な現場にも

 当ソフトウェアは、承認機能も備えています。

 「時間外集計」ボタンをクリックすると、ユーザーごとに時間外の記録が

 一覧表示されます。

 
 時間外の一覧には「承認者」という欄があり、ダブルクリックすると、

 あらかじめ登録しておいた承認者名とクリックした日付が入力される仕組みです。

 
 承認した結果は、別途、承認ファイルとして保存し、総務部などへ受け渡すことで、

 ユーザーのファイルと承認されたファイルとの差異の有無により不正申告の

 チェックが行えます。

 

勤怠を入力する側、管理する側の両方にメリットがあるシステム

 基本の勤務時間を自動でセットしたり、ドラッグ&ドロップで作業内容が

 コピーできることで、入力がかなり省力化されます。

 
 パソコンに不慣れな方が普段の報告書の作成に時間を取られることも、

 無駄な神経を使う必要もありません。

 
 そして、業務の管理や書類の電子化を図りたい経営者や管理者としても、

 個人のパソコンスキルや教育コストをそれほど気にすることなく、導入しやすい

 システムとなっております。

従業員と管理者が同じソフトが使えるメリット

 入力する側(従業員)と集計する側(管理者)が同じソフトを使えるということ。

 
 これは、現場の位置担当者だったスタッフが、後にグループリーダーや

 プロジェクトリーダーになった場合も、同じソフトを使い続けることができることを

 意味します。

 
 リーダーになったからと言って、新たに学習する必要はないのです。

 
 もしかしたら、リーダーになる意思・素質がある従業員さんは、すでに自身の

 工数管理スキルを磨いているかもしれません。

サーバー不要な社内システム型

 当ソフトウェアは、現在流行りのクラウド型ではありません。

 単にファイルを保存、開く、だけのデータ管理で、複数ユーザーを管理することを

 実現しました。

 
 もし、

 「業務効率化のためにグループウェアを導入したいが、大きなコストの負担が心配」

 という問題からシステム化を踏み切れないのであれば、

 当ソフトウェアをぜひお勧めします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional