出勤簿の入力

アプリのメイン画面に入力

出勤簿のデータはアプリ起動直後のメイン画面に入力します。
エクセル風の表に勤務時間や作業工数を入力すると、勤怠や工数が集計できるようになります。

出勤簿に勤怠を入力する

勤怠はアプリ画面中央の赤枠に入力します。

表の中のセルをダブルクリックすると入力できます。
入力後は、入れたデータをドラッグ&ドロップでかんたんにコピーできます。

入力エリア

出勤簿に工数を入力する

工数はアプリ画面右上のボタンで工数入力エリアを開いて入力します。

出勤簿の右上の鉛筆アイコンをクリックすると、工数入力エリアが出現します。

工数入力エリア

出勤簿ファイルの選択方法

出勤簿ファイルはアプリ画面左側の一覧から選択できます。

出勤簿ファイルの一覧から選択(青背景)すると、出勤簿ファイルの内容が表示されます。
下図の例では1社員=1ファイルですが、1社員=複数ファイルを作成することもできます。
その場合は、年単位など期間で分けてファイルを作成します。
出勤簿ファイル一覧エリア

出勤簿のメニュー

出勤簿を作成するための基本メニューはアプリ画面上部にあります。

出勤簿を入力する画面の上部には、ファイル/設定/アプリ/ヘルプメニューが並んでいます。

メニューエリア


出勤簿を自動で入力

アプリ画面上部の「自動」ボタンからは勤務予定の時間を自動で入力できます。

年月選択コンボの隣には、自動入力ボタンがあります。
自動入力ボタンでは、その月の勤務すべき時間を一気に入力できます。
自動入力されるのは「所定日のカレンダ」に登録された勤務時間です。

自動入力ボタン


出勤簿の印刷

出勤簿はアプリ画面右上のボタンから印刷できます。

出勤簿の内容は、日報・週報・月報・届出書の4パターンで印刷できます。

印刷エリア

出勤簿の勤怠の合計

出勤簿の周りには、その月の勤怠の合計が表示されます。

アプリ画面の右端・下端には、その月の勤務時間や欠勤などの勤怠がカウントされます。

編集エリアの勤怠・残業カウント

出勤簿の計算ツール

工数・勤怠・残業を計算するボタンは左下にあります。

出勤簿を計算するボタンは左下にまとまっています。
これらのボタンでは、ファイル一覧の出勤簿を対象に、工数・勤怠・残業時間を計算した結果が表示されます。

集計ボタンエリア

出勤簿に入力できる項目数・文字数

  一日分の出勤簿として入力できる項目数・文字数は下表のとおりです。

  • 勤務の情報
    勤務時間開始時刻・終了時刻がそれぞれ1つずつ。
    休憩時間休憩の開始時刻・終了時刻は、1日につき5セットまで。
    届出区分休出・有休・欠勤・外出・遅刻などから1つ選択。
    (※外出が複数ある場合は、休憩時間で回避をお願いします。)
    事由8文字まで。
    作業場所8文字まで。(複数個所は1文字での記号化等で回避をお願いします。)
  • 作業の内容
    作業の項目数無制限。(いくつでも入力できます。)
    プロジェクト名1作業につき1項目。1項目につき40文字まで。
    工程1作業につき1項目。1項目につき6文字まで。
    作業の詳細1作業につき1項目。1項目につき40文字まで。
    工数(H)1作業につき1項目。