工数管理&勤怠管理アプリ

所定日のカレンダ

 所定日のカレンダには、出社するべき日や時間を設定します。
 また、自動入力でセットされる勤務時間はこのカレンダの情報がもとになっています。
 このカレンダの勤務時間をオーバーした時間が時間外として計算されます。

カレンダの作成

所定日のカレンダ

初期状態では、サンプルのカレンダが登録されています。

カレンダの新規作成

  1. 自社用のものを作るには、「カレンダ一覧」の「」アイコンをクリックします。
  2. 名前を入力すると、何も入力されていない新しいカレンダが作成されます。


1.カレンダの編集

勤務時間

セル上で右クリックすると「所定時間のパターン」が出現するので、該当するパターンを選択します。

なお、休日用の勤務時間をセットすると、セルの背景色が薄いグレーになります。


2.所定時間のパターン

出勤時間パターン

サンプル(初期状態)では、一般的な勤務時間と休日パターンの2件が登録されています。

時間パターンの追加

  1. 「+」追加ボタンをクリックします。
  2. 時間パターンの名前を入力する画面が表示されるので、任意の名前を入力します。


①開始時刻・終了時刻の編集

 開始時刻と終了時刻はクリックすると入力できる状態になるので、キーボードより時間帯を入力します。

休日パターンの作成
 休日扱いにする場合は開始時刻と終了時刻に同じ時刻を入力して、実働時間をゼロにします。 0:00 - 0:00とセットするのが分かりやすいのでお勧めです。


②休憩時間の編集

休憩時間

休憩時間は、ダブルクリックすると入力する画面が表示されます。

時間帯を入力し「OK」ボタンをクリックします。

※最大5つまで入力できますが、入力後は合算した値が表示されます。


③背景色と文字色

色の設定

勤務カレンダへの割り当て時に分かりやすいよう、勤務時間には色が指定できます。

色指定の「■」をクリックすると...

カラーボックス

カラーボックスが表示されます。
イメージしやすい色を選択し、「OK」ボタンをクリックします。


④時間パターンの削除

 不要な時間パターンは、選択した状態で「削除」ボタンをクリックします。

利用中のパターンを削除した場合
所定日のカレンダで利用中のパターンを削除した場合、その日の時間パターンは未割り当ての状態になります。必要に応じてカレンダに時間パターンを割り当て直してください。


3.カレンダの紐づけ

 カレンダは、プロフィール設定画面にて指定できます。
 基本画面のファイル一覧より「プロフィール設定」ボタンをクリックすると、指定する画面が起動します。

カレンダを指定しないと?
 カレンダは、システム上は指定しないことも可能ですが、以下の問題があります。

 ・所定の労働時間がわからないので、自動入力ボタンが使用できない。
 ・所定の労働時間がわからないので、時間外労働時間が計算されない。

社員別のカレンダも作成可能
 カレンダは複数作成できるので、一人一人違う勤務カレンダを作成することもできます。
 もちろん、全員の所定勤務が同じであれば、1社につき1つあればOKです。


4.カレンダの削除

 削除したいカレンダを選択した状態で、「削除」ボタンをクリックします。
 なお、プロフィール設定にて指定されているカレンダを削除すると、
 その社員のカレンダは何も選択されていない状態になります。
 プロフィール設定画面を開き、カレンダを指定しなおしてください。

便利な機能

まとめて選択

 まとめて選択の各ボタンを使うと、1年間の該当セルを一度に選択できて便利です。
 また、月単位でまとめて選択するには、各月の合計稼動のセルの上で右クリックします。

 ※まとめて選択して割り当てを行う際は、何かしら選択されているセルの上で
  右クリックしてください。(選択された部分が解除されてしまいます。)

カレンダのコピー(複製)

 似たようなカレンダを作成したい場合、コピーして流用することができます。
 コピーもとのカレンダを選択した状態で、「コピー」ボタンをクリックします。
 新しく作成するカレンダの名前を聞いてきますので、入力して「OK」ボタンをクリックします。
 すると、同じ内容のカレンダが新しい名前で追加作成されます。