日報アプリに勤怠管理・工数管理・残業計算のツールがついたソフトウェアです。業務の効率化(見える化・可視化)にピッタリなシステムが構築できます。

インストール方法

TOP インストール方法

インストール方法


1.ダウンロード

  「今月のフリー版」より「アプリケーションファイル一式 」を

  ダウンロードします。

2.インストール

 フォルダの作成

  パソコンの「c:\」の直下に、「日報管理システム」というフォルダを作成します。

注)「日報管理システム」という名前でなくても結構ですが、
  必ず、「c:\」の直下に作成してください。
 (「勤怠管理システム」や「工数管理ソフト」などでもOKです。)


 アプリケーションファイルの展開

  1. ダウンロードしたファイルの上で右クリックし、「すべて展開」をクリックします。
     ダウンロードファイルの展開

  2. 展開先に「C:\日報管理システム」を指定し、展開をクリックします。


3.起動

 teampotential.exe ファイルの実行

 展開したフォルダの中の「teampotential.exe」をダブルクリックします。

 ソフトウェアの起動


WindowsによってPCが保護されました

初回起動時は、以下のメッセージが表示されます。

「詳細情報」をクリックします。

発行元確認

 

当サイトからダウンロードしたのであれば「実行」をクリックします。

実行

当社ではデジタル署名を導入していないため上記メッセージが出ます。

※デジタル署名を導入すれば安心、とも言い切れない問題があるため、
 当社では今のところ導入は見合わせております。
 当ホームページからダウンロードを行うことで発行元の特定とさせてください。


Windows10で使うために

 画面の文字がぼやけたり、サイズがおかしいと思われましたら、

 実行ファイル(exe)のプロパティにて互換性の設定を行ってください。


 
 1)ソフトは一旦終了させます。

 2)実行ファイルの上で右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  プロパティ


 3)プロパティの「互換性」タブの

  [check] 高DPI設定では画面のスケーリングを無効にするにチェックをつけます。

  dipの設定

  あとは右下の「適用」→「OK」でプロパティを閉じれば設定完了です。

起動できない方

  • OS(Windows)は管理者ユーザーでログインしてください。
  • ネットワークを経由して、ソフトを実行することはできません。
    使用するパソコンにソフトウェアのフォルダを配置して下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional