日報がすばやく作成できる勤怠&工数管理アプリ(ソフト)です。日報の集計作業が一気にラクになります。

アプリの使いかた|日報を作成

日報を作成

 

勤怠データを入力

 勤怠のデータは、「勤務時間」「休憩」「届出区分」「事由」「作業場所」です。
 
 メイン画面のカレンダーの中に入力します。

 勤怠管理用の日報データ
 

勤務時間の入力

 セルをダブルクリックすると、時刻が入力できます。

 勤務時間をダブルクリック

 入力後に⏎キーを押すと、次の日の時刻が入力できます。

 ⏎キーで入力確定

 入力モードを解除するには、他のセルをクリックします。
 

休憩時間の入力

 セルをダブルクリックすると、休憩が入力できます。

 ダブルクリックで休憩入力

 開始時刻と所要時間をセットしたら、OKボタンをクリックします。

 OKボタンで確定
 

届出区分の入力

 セルをダブルクリックすると、届出区分が入力できます。

 ダブルクリックで届出区分を呼び出し

 こちらは、勤務が通常と違う場合のみ入力します。

事由の入力

 セルをダブルクリックすると、事由が入力できます。

 ダブルクリックで入力開始

 届出区分が通常とは違う場合のみ入力します。
 

作業場所の入力

 セルをダブルクリックすると、作業場所が入力できます。

 ダブルクリックで入力開始
 

工数データを入力

 工数のデータは、「プロジェクト名」「工程」「作業の詳細」「工数」です。

 メイン画面の「工数入力」をクリックすると、入力エリアが開きます。

 工数の入力エリア
 

まずは入力行を追加

 行追加ボタンをクリックして、行を追加します。

 行を追加
 

プロジェクト名を入力

 プロジェクト名のセルをダブルクリックして、プロジェクト名を入力します。

 プロジェクト名を入力
 

工程を入力

 工程のセルをダブルクリックして、工程を入力します。

 工程名を入力
 

作業の詳細を入力

 作業の詳細のセルをダブルクリックして、作業の具体的な内容を入力します。

 作業の詳細を入力
 

工数(H)を入力

 セルをダブルクリックして、作業時間を入力します。

 工数を入力
 

日報の印刷

 メイン画面に入力した内容は、作業日報として印刷できます。

日報を印刷する

 (1)作業入力エリア内の 日報ボタンをクリックします。

 日報ボタンクリック
 
 (2)印刷イメージが表示されます。

 作業日報プレビュー

 (3)「印刷実行」ボタンをクリックすると、プリントアウトされます。

   (行数が多い場合は改ページされます。)
 

印字オプション

 印刷時、「印字オプション」という画面が表示されます。

 「印字オプション」では、押印欄の見出しが変更できます。

 作業日報の右上にある、確認者が押印する欄です。

 初期設定では、「総務」「所属長」「リーダー」となっています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional