日報がすばやく作成できる勤怠&工数管理アプリ(ソフト)です。日報の集計作業が一気にラクになります。

アプリの使いかた|はじめの操作

はじめの操作

 

アプリの起動と終了

1.アプリの起動

 インストールしたフォルダの中の「teampotential.exe」をダブルクリックすると

 アプリが起動します。

 ソフトウェアの起動

 

  • 「WindowsによってPCが保護されました」 が表示された場合
    • 初回起動時は、以下のメッセージが表示されます。

      「詳細情報」をクリックします。

      発行元確認

       

      当サイトからダウンロードしたのであれば「実行」をクリックします。

      実行

      当社ではデジタル署名を導入していないため上記メッセージが出ます。

      ※デジタル署名を導入すれば安心、とも言い切れない問題があるため、
       当社では今のところ導入は見合わせております。
       当ホームページからダウンロードを行うことで発行元の特定とさせてください。


  • Windows10で使うための設定(画面の文字がぼやけたりサイズがおかしい場合)
    •  画面の文字がぼやけたり、サイズがおかしいと思われましたら、

       実行ファイル(exe)のプロパティにて互換性の設定を行ってください。


       
       1)ソフトは一旦終了させます。

       2)実行ファイルの上で右クリックし、「プロパティ」を選択します。

        プロパティ


       3)プロパティの「互換性」タブの

        [check] 高DPI設定では画面のスケーリングを無効にするにチェックをつけます。

        dipの設定

        あとは右下の「適用」→「OK」でプロパティを閉じれば設定完了です。

  • 起動できない方
      • OS(Windows)は管理者ユーザーでログインしてください。
      • ネットワークを経由して、ソフトを実行することはできません。
        使用するパソコンにソフトウェアのフォルダを配置して下さい。

 

2.アプリの終了

 アプリを終了するには、画面右上の「×」ボタンをクリックします。

 

日報ファイルの作成

 当アプリはサーバーを使わないので、データはパソコンの中に作ります。

 ファイル名もフォルダも自由です。
 

日報ファイルの新規作成

 (1)ファイル一覧の一番左のボタンをクリックします。

 新規作成
 

 (2)プロフィール設定の、会社名~カレンダまでを入力します。

 プロフィール入力

 (3)入力を終えたら、OKボタンをクリックして画面を閉じます。

 
   この状態では、まだファイルは作成されていません。

 (4)メイン画面右上の「保存」ボタンをクリックします。

 保存


 (5)「名前を付けて保存」画面が出てくるので、「保存」ボタンをクリックします。

 ファイル名をつけて保存
 

  ここまでの操作を行うとファイルが作成されます。

日報ファイルの提出先

  作成した日報ファイルは、必要に応じて工数集計を行うリーダーや

  承認を行う所属長、勤務集計を行う総務に渡します。

日報ファイルを作る単位

  日報ファイルは社員ごとに作ります。

  期間は自由に区切れますが、1年単位で作り直すことをおすすめします。
 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional