ムダを減らして利益を増やす工数&勤怠管理アプリ。手間と時間のロス減らして組織のポテンシャルを発揮します。

アプリについて|導入のメリット

導入のメリット

 
 チーム・ポテンシャルは組織(チーム)全体に作用するアプリです。

 リーダーさんだけではなく、他のスタッフさんにメリットがあります。
 

 

1.現場の本当の数字が見える

 およそほとんどの工数管理・勤怠管理は、会社からの指示で社員さんがイヤイヤ

 仕方なく入力されたものでしょう。

 当アプリは、「入力がラク」はもちろん、「入力したくなる」という視点で設計

 されているので、現場のリアルな数字が入手できます。
 

2.スキマ時間で工数がチェックできる

 当アプリは、クラウドもサーバーも利用しません。

 パソコンにアプリのファイルが入っていれば、日本国内どこでも工数が集計できます。

 最新の工数が見たい時も、社員さんから日報ファイルをメールで送ってもらうだけで

 すぐに最新版が閲覧できます。
 
 打ち合わせ前のカフェタイムや自宅でのリラックスタイムに見ると、いつもより良い

 アイデアが浮かびやすい、なんてメリットもあるかもしれません。

 

3.こまめなチェックでマネージメント力がUP

 当アプリの工数集計システムはとてもシンプルです。

 基本は、入力された工数をプロジェクトごとに集計する、というものです。

 それをベースに、色々な角度から工数を分析するための集計画面が用意されています。

 そこから気づくことは人によって様々。あなただからこそ気がつくポイントが

 沢山見つかるかもしれません。
 

 また、集計される前のシンプルな生データを見ることもできるので、自分だけの独自の

 視点で加工集計することもできます。
 

4.リーダー候補の育成にも

 工数管理・集計の仕方がわからない、という方もご安心ください。

 工数管理の基本的な集計を行った画面も用意されています。

 また、予定工数や納期を入力するだけで、残りの工数や日数を自動算出する機能も

 ついています。

 アプリを使っているうちに「工数管理」というものがわかってくる、というのも

 大きな特長です。
 

5.すばやい報告書作成で事務コストが減少

 当アプリは、現場の数字を速やかに入手するために開発されました。

 そのためには、社員さんの作業を邪魔しないこと。

 報告書(日報など)の作成が社員さんのストレスになってはいけません。

 報告書がカンタンに作成できるから、速やかに入力してもらえるのです。

 
 その結果、「拍子抜けすぎてもう少し入力たい」と思われるものに仕上がりました。

 ヒミツは、自動入力やコピー入力といった、入力サポート機能です。

 また、各社員さんも自身の工数集計を閲覧できるので、自分の作業を振り返る

 意味でも、入力したくなること請け合いです。
 

6.スムーズにとどく勤怠データ

 入力があっという間に済ませられるので、勤務報告書の提出がとてもスムーズに

 なります。

 万一、「まだ入力していません」という場合も、すぐに入力が済んでしまうので、

 速やかに提出できます。

 また、書類よりも先にデータを渡すこともできるので、急ぎのときは正式書面を

 待たずに集計処理を進めることもできます。
 

7.チーム全体に行きわたる管理意識

 
 このように、当アプリを使うと管理システムの流れがスムーズになります。
 
 このスムーズな流れに全員で乗ることによって、情報がすみやかに流れることは

 あたりまえ、という意識が皆さんの中に根付きます。
 

 また、工数や勤怠の集計画面は、スタッフさん自身も見ることができます。

 自分の記録というものは誰でも気になるもので、つい、自分の工数の集計結果を

 見ることになるでしょう。
 

 すると、スタッフさんの中にも「工数」というものが意識されるようになり、

 「ムダな作業はしないようにしよう」という意識も芽生えてきます。
 

 中には、チーム全体の工数も見たいからデータが欲しい、と言い出す意識の高い

 スタッフも出てくるかもしれません。

 そうすると、次期リーダーを見出すことができます。
 

 当アプリは、リーダーさんだけではなく、チーム全体の潜在能力を発揮させるための

 システムを作り上げることができます。
 

 まずは、スタートキットを使って、本当にチームが活性化されるかどうか、

 ぜひお試しください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional